探偵事務所の人探し

行方不明・失踪・家出人捜索は
探偵事務所へ今すぐ無料相談

トップページ > 沖縄県

配偶者が突然行方不明…!?家出?失踪?それとも何かに事件に巻き込まれた…?警察に相談しても探してもらえない…!

当サイトでは沖縄県にお住まいの方に、行方不明者・失踪人・家出人捜索などの人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

このようなことでお悩みではないですか?

  • 夫が出勤したまま姿を消した…。会社にも行ってない…。
  • 妻が子供を連れて出て行ったまま帰ってこない…。連絡も取れない…。

ある日突然、妻・夫が行方不明となるケースが最近増えています。

家出・失踪の原因・理由は様々ですが主に、

  • 仕事上のトラブル(リストラ、事業の失敗等)
  • 借金(生活苦、キャバクラ、ホスト、ギャンブル、連帯保証人等)
  • 浮気
  • 宗教
  • 痴呆
  • 何らかの事件に巻き込まれる

上記のような原因が考えられます。

旦那さんあるいは奥さんが失踪した場合、大半の方はまずは警察に相談されることかと思います。

しかし残念ながら警察に捜索願いを出してもほとんどのケースで家出人を探してもらうことはできないでしょう。

何故なら警察には年間約10万人もの捜索願いが出されており、人手が足りていないからです。

何かあってからじゃ遅いという気持ちは十分に理解できますが、警察が一般家出人(当人に家出の意思があって行方不明)よりも、事件性の高い特異行方不明者(当人に家出の意思がなく事件や事故によって行方不明)を優先するのは当然のことと言えるでしょう。

警察に頼れないなら自分で探す、そうお考えになる方もいるでしょう。

しかし、SNS等で安易に行方不明者を捜索することによって、逆に危険に晒す可能性が増えてしまったり、より戻り辛い状況に陥らせてしまう可能性もあります。

また、捜索していることが対象者にばれてしまうと、逃避行動を取られ探し出すことがさらに困難になる可能性もあります。

そこで頼るべきは「探偵事務所」です。

対象者を一番早く、そして確実に探し出してくれるのが調査のプロである「探偵」の仕事です。

「探偵に頼むほどでは…」「もうしばらく様子を見よう」その考えが一番危険です。

発見率=生存率とも言われています。

失踪から1週間を過ぎてしまうと徐々に発見率が低下し、初動の遅れで生死に関わる問題に至ってしまう失踪者も少なくありません。

「あと少し依頼するのが早かったら…」と後悔することのないように、一刻も早い判断と対応が重要です。

全国に5000件以上もある探偵事務所や興信所などの業者の中から信頼と実績が最もあり、無料相談できる業者を厳選しました。下記からお選び頂くと安心です。

行方不明・失踪・家出人捜索なら
信頼と実績の探偵事務所がおすすめ

解決実績10万件以上!
評価相談店舗
★★★★★無料全国18拠点
  • 調査実績43年
  • 法律に則った安心の探偵事務所
  • 日本最大級の調査員数
  • 全国主要都市に18拠点
  • 電話相談は24時間365日対応
  • 最新鋭の調査機材
  • 安心の料金設定・クレジットカード決済対応
  • 調査後のアフターフォローも万全
  • テレビ番組への調査協力多数

【優秀な失踪人捜索解決実績】
原一探偵事務所は、テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」をはじめ、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」等で、様々なケースの失踪人や行方不明者を捜索し結果を出してきた信頼と実績があります。

【安心の価格設定】
原一探偵事務所は必要経費が全て込みの安心プランとなっています。お見積もり以外の追加料金は一切いただきません。


お客様満足度98.6%!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国11拠点
  • カウンセリングによる問題解決・再発防止
  • 業界初の成功報酬・後払い制

【専門カウンセラーによるアフターサポート】
失踪者・家出人を発見した後は、何が原因で失踪したのか、どのようにすれば再発を防げるかをきちんと理解することが大切です。再発防止策のアドバイス、カウンセリングを受けることができます。

【解決率87.2%】
経験豊富な人探し・行方調査専門スタッフが24時間体制で対応します。全国のネットワークと高い調査力を駆使し対象者を早期発見に導きます。


即日調査も対応!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国5拠点
  • 追加料金一切なし
  • 社団法人日本調査業協会加盟

【裁判所指定の書式】
探偵社FUJIリサーチの報告書は裁判で使用できます。(「いつ・どこで・誰が・誰と・何をしたか?」の詳細を明記し、証拠画像や動画を添付した書類。)

まとめ

パートナーが突然行方不明となり、家出なのか失踪なのか事件なのかも分からず不安な日々を過ごされている方、行方不明者・失踪人・家出人捜索に対して高い解決実績を誇る探偵事務所に今すぐ無料相談されることをおすすめします。

沖縄県の方向けはじめての探偵・人探し・行方調査Q&A

探偵事務所に行方不明・失踪・家出人捜索を依頼したいけど一歩踏み出せないという方、悪徳な探偵事務所に引っかかりたくない方、まずは探偵事務所についてそして行方調査について知ることからはじめましょう。 探偵・行方調査に関連する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.値段が相場より安い探偵事務所は信用できますか?

A.依頼前の料金見積りと、契約内容の確認を必ず行いましょう。

相場より安い探偵事務所に惹かれてしまう気持ちは理解できます。ですが、探偵業界では誇大広告が蔓延っており、見積金額に上乗せして調査費用を請求してくる探偵事務所も少なくありません。 見積もり段階では一番安くても、最終的に高額になってしまっては意味がありません。

見積金額以上の金額を請求しないと明言している探偵事務所や、追加調査の際には必ず事前に了解を得るといった探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

Q.探偵が調査内容等の秘密を洩らす可能性はありませんか?

A.業者によっては可能性が0とは言えません。

探偵業は調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはいけないと探偵業法で秘密厳守を義務付けられているのですが、悪質な探偵事務所によっては徹底されていないのが実情です。 外部へ洩れるケースは、情報管理が不十分、探偵業者が故意に漏らす等様々です。 個人事務所や小さな探偵事務所の全てが危ないというわけではありませんが、やはり信頼と実績のある大手探偵事務所に依頼するのが安心と言えるでしょう。

Q.探偵が調査を失敗したら返金されますか?

A.各探偵事務所によって異なります。

返金対応については、各探偵事務所によって方針が異なります。

1.全額返金される

2.調査した分の料金を差し引き、残金が返金される

3.返金されない

探偵事務所によっては成功報酬・後払い制を採用しているところもあります。

解約や返金に関しては、探偵業者は必ず事前説明をする義務があり、調査を行う前の段階で必ず説明をされます。 解約や返金についての説明をしない、はぐらかすといった探偵事務所に依頼するのは止めましょう。

Q.相談したら契約しなければいけませんか?

A.いいえ。

契約は希望の方のみですのでご安心ください。また、相談の上で調査が必要ないと判断された場合も受託されない場合があります。 行方不明・失踪・家出人捜索はスピードが重要ではありますが、焦る気持ちを利用し契約を無理やり迫ってくるような探偵事務所は避けましょう。

Q.解決の糸口となる情報とはどういったものですか?

A.氏名、生年月日、顔写真などです。

氏名や生年月日はもちろんのこと、住所(現住所、本籍地、過去の居住地等)、写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真)、携帯電話番号、趣味嗜好、持ち出したと思われる所持品(免許証やキャッシュカード等)、 失踪時の所持金、銀行口座の金額の変動、異性・友人関係、パソコン内の情報、書置きなど、些細な情報でも1つでも多くの情報を提供することで早期発見に繋がります。

探偵の基礎知識コラム

調査業者を選定するときに気になってくるのが、支払い面でのことです。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。行動調査(不倫など)の場合でしたら、作業時間を1時間とすると相場的には2万円程度とされています。

相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが一番でしょう。2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。


普通、離婚となると、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。



調整や裁判でのおこちゃまの親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、おこちゃまを育てることに協力的だったかどうかといった点を見ていきます。



最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが優先されると考えて良いでしょう。
パートナーとその浮気相手を別れ指せるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料をもとめるのが有効です。

浮気相手はあそびのつもりで悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。


配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分立ちがしたことを実感指せるのです。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能です(民法779条)。


認知してもらえればおこちゃまのための養育費を請求できますし、とても重要な手つづきです。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。


おこちゃまができないうちに関係を解消できなければ、いずれ大きな金銭的負担が生じる可能性があります。
パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかも知れません。探偵というのは相応の技能と経験をもつプロフェッショナルですから、相手に露見するようなことは、まずないといって良いでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実でクライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。調査が完了するまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。探偵を頼んで調査して貰う際は、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることを強くお薦めします。悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、いい加減なシゴトで報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。
ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もない理由ですし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。しっかりした探偵事務所がシゴトをしても、結果を出せない場合もあります。一例をあげると、浮気調査で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。
しかし、調査が未熟なことで結果が得られないといった例もあるでしょうし、シゴトを発注する探偵事務所のクチコミ等をあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大聞く影響してくると思います。


法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、思うような結果にならないかも知れません。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。


思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことを回避するには、調査で証拠を確保しておくべきです。



探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気をやめ指せることに成功しても、繰り返すことがあります。
休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、メール履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。もともと最初の浮気への対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感指せるような厳しい措置が必要でしょう。



だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。
それは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。
「私より他の女性を優先した」とか身体的な接触が少しでもあれば浮気したと言って怒る人もいます。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで精神的にはどうであれ不貞となるのですが、順風満帆な結婚生活をつづけたければ、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。


沖縄県の方向け探偵のお役立ち情報

行方不明・失踪・家出人捜索なら
原一探偵事務所がおすすめ

沖縄県で人探しなら探偵事務所へ