探偵事務所の人探し

行方不明・失踪・家出人捜索は
探偵事務所へ今すぐ無料相談

トップページ

配偶者が突然行方不明…!?家出?失踪?それとも何かに事件に巻き込まれた…?警察に相談しても探してもらえない…!

そんな不安・悩みを抱えている方のために、行方不明者・失踪人・家出人捜索などの人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

このようなことでお悩みではないですか?

  • 夫が出勤したまま姿を消した…。会社にも行ってない…。
  • 妻が子供を連れて出て行ったまま帰ってこない…。連絡も取れない…。

ある日突然、妻・夫が行方不明となるケースが最近増えています。

家出・失踪の原因・理由は様々ですが主に、

  • 仕事上のトラブル(リストラ、事業の失敗等)
  • 借金(生活苦、キャバクラ、ホスト、ギャンブル、連帯保証人等)
  • 浮気
  • 宗教
  • 痴呆
  • 何らかの事件に巻き込まれる

上記のような原因が考えられます。

旦那さんあるいは奥さんが失踪した場合、大半の方はまずは警察に相談されることかと思います。

しかし残念ながら警察に捜索願いを出してもほとんどのケースで家出人を探してもらうことはできないでしょう。

何故なら警察には年間約10万人もの捜索願いが出されており、人手が足りていないからです。

何かあってからじゃ遅いという気持ちは十分に理解できますが、警察が一般家出人(当人に家出の意思があって行方不明)よりも、事件性の高い特異行方不明者(当人に家出の意思がなく事件や事故によって行方不明)を優先するのは当然のことと言えるでしょう。

警察に頼れないなら自分で探す、そうお考えになる方もいるでしょう。

しかし、SNS等で安易に行方不明者を捜索することによって、逆に危険に晒す可能性が増えてしまったり、より戻り辛い状況に陥らせてしまう可能性もあります。

また、捜索していることが対象者にばれてしまうと、逃避行動を取られ探し出すことがさらに困難になる可能性もあります。

そこで頼るべきは「探偵事務所」です。

対象者を一番早く、そして確実に探し出してくれるのが調査のプロである「探偵」の仕事です。

「探偵に頼むほどでは…」「もうしばらく様子を見よう」その考えが一番危険です。

発見率=生存率とも言われています。

失踪から1週間を過ぎてしまうと徐々に発見率が低下し、初動の遅れで生死に関わる問題に至ってしまう失踪者も少なくありません。

「あと少し依頼するのが早かったら…」と後悔することのないように、一刻も早い判断と対応が重要です。

全国に5000件以上もある探偵事務所や興信所などの業者の中から信頼と実績が最もあり、無料相談できる業者を厳選しました。下記からお選び頂くと安心です。

行方不明・失踪・家出人捜索なら
信頼と実績の探偵事務所がおすすめ

解決実績10万件以上!
評価相談店舗
★★★★★無料全国18拠点
  • 調査実績43年
  • 法律に則った安心の探偵事務所
  • 日本最大級の調査員数
  • 全国主要都市に18拠点
  • 電話相談は24時間365日対応
  • 最新鋭の調査機材
  • 安心の料金設定・クレジットカード決済対応
  • 調査後のアフターフォローも万全
  • テレビ番組への調査協力多数

【優秀な失踪人捜索解決実績】
原一探偵事務所は、テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」をはじめ、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」等で、様々なケースの失踪人や行方不明者を捜索し結果を出してきた信頼と実績があります。

【安心の価格設定】
原一探偵事務所は必要経費が全て込みの安心プランとなっています。お見積もり以外の追加料金は一切いただきません。


お客様満足度98.6%!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国11拠点
  • カウンセリングによる問題解決・再発防止
  • 業界初の成功報酬・後払い制

【専門カウンセラーによるアフターサポート】
失踪者・家出人を発見した後は、何が原因で失踪したのか、どのようにすれば再発を防げるかをきちんと理解することが大切です。再発防止策のアドバイス、カウンセリングを受けることができます。

【解決率87.2%】
経験豊富な人探し・行方調査専門スタッフが24時間体制で対応します。全国のネットワークと高い調査力を駆使し対象者を早期発見に導きます。


即日調査も対応!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国5拠点
  • 追加料金一切なし
  • 社団法人日本調査業協会加盟

【裁判所指定の書式】
探偵社FUJIリサーチの報告書は裁判で使用できます。(「いつ・どこで・誰が・誰と・何をしたか?」の詳細を明記し、証拠画像や動画を添付した書類。)

まとめ

パートナーが突然行方不明となり、家出なのか失踪なのか事件なのかも分からず不安な日々を過ごされている方、行方不明者・失踪人・家出人捜索に対して高い解決実績を誇る探偵事務所に今すぐ無料相談されることをおすすめします。

はじめての探偵・人探し・行方調査Q&A

探偵事務所に行方不明・失踪・家出人捜索を依頼したいけど一歩踏み出せないという方、悪徳な探偵事務所に引っかかりたくない方、まずは探偵事務所についてそして行方調査について知ることからはじめましょう。 探偵・行方調査に関連する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.値段が相場より安い探偵事務所は信用できますか?

A.依頼前の料金見積りと、契約内容の確認を必ず行いましょう。

相場より安い探偵事務所に惹かれてしまう気持ちは理解できます。ですが、探偵業界では誇大広告が蔓延っており、見積金額に上乗せして調査費用を請求してくる探偵事務所も少なくありません。 見積もり段階では一番安くても、最終的に高額になってしまっては意味がありません。

見積金額以上の金額を請求しないと明言している探偵事務所や、追加調査の際には必ず事前に了解を得るといった探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

Q.探偵が調査内容等の秘密を洩らす可能性はありませんか?

A.業者によっては可能性が0とは言えません。

探偵業は調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはいけないと探偵業法で秘密厳守を義務付けられているのですが、悪質な探偵事務所によっては徹底されていないのが実情です。 外部へ洩れるケースは、情報管理が不十分、探偵業者が故意に漏らす等様々です。 個人事務所や小さな探偵事務所の全てが危ないというわけではありませんが、やはり信頼と実績のある大手探偵事務所に依頼するのが安心と言えるでしょう。

Q.探偵が調査を失敗したら返金されますか?

A.各探偵事務所によって異なります。

返金対応については、各探偵事務所によって方針が異なります。

1.全額返金される

2.調査した分の料金を差し引き、残金が返金される

3.返金されない

探偵事務所によっては成功報酬・後払い制を採用しているところもあります。

解約や返金に関しては、探偵業者は必ず事前説明をする義務があり、調査を行う前の段階で必ず説明をされます。 解約や返金についての説明をしない、はぐらかすといった探偵事務所に依頼するのは止めましょう。

Q.相談したら契約しなければいけませんか?

A.いいえ。

契約は希望の方のみですのでご安心ください。また、相談の上で調査が必要ないと判断された場合も受託されない場合があります。 行方不明・失踪・家出人捜索はスピードが重要ではありますが、焦る気持ちを利用し契約を無理やり迫ってくるような探偵事務所は避けましょう。

Q.解決の糸口となる情報とはどういったものですか?

A.氏名、生年月日、顔写真などです。

氏名や生年月日はもちろんのこと、住所(現住所、本籍地、過去の居住地等)、写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真)、携帯電話番号、趣味嗜好、持ち出したと思われる所持品(免許証やキャッシュカード等)、 失踪時の所持金、銀行口座の金額の変動、異性・友人関係、パソコン内の情報、書置きなど、些細な情報でも1つでも多くの情報を提供することで早期発見に繋がります。

探偵の基礎知識コラム

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を捜したほうがいいでしょう。その際、証拠となるものは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。


シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を得るのは危険も伴いますし、探偵を雇うなどのプロのワザも考えておくと良指そうです。
このまえ、法事のときに従兄と話していたんですけど、彼が単身赴任中に妻が浮気してい立とかで、相手を訴えてやると思っているみたいです。

でもそうなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。
探偵を雇って配偶者の浮気調査をして貰うには、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。



だいたいの費用ですが、不倫の調査などで20万前後(期間5日)はかかると思ってミスないでしょう。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも概ね5、60万程度と考えておくといいですね。
探偵調査業をはじめようと思うなら、取り立てて特殊な資格等は不問といっていいでしょう。
ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可を受けることだけは省略できません。安全のためには無認可の探偵事務所は選ばないことです。もし配偶者が浮気していた場合、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。



といっても簡単なことではないでしょう。当事者だけで話しあえば、自分の立場を主張することに躍起になって、ナカナカ話がつかないことが多いです。
時には裁判を起こさなければいけない可能性もあるので、弁護士を頼んで問題のスムーズな進展を目さしていくと負担も軽くなるというものです。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。


しかも、事実が判明し立ところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎりクビにするというのはできません。


ただし、採用時の契約書や就業規則の掲載にある、「秩序および風紀を撹乱する惧れ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、せいぜい上司から注意される程度で、厳しいお咎めはなしで曖昧に済まされることが多いです。


不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは気にするなというほうが無理でしょう。


無料で相談を行なうところも最近は多くなってきて、見積もりなしに契約することはないので安心です。
もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、いきなりむこうの会社に行くのではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。

不本意な契約の防止につながるからです。

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言っ立ところで、不貞行為にはちがいないのですから、その対価は安くは済まないでしょう。



とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。
本人立ちにとっては「たかが」浮気かも知れませんが、ばれたら金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、これからを生きていかなければなりません。興信所や探偵事務所で行なう浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、結構トクな感じがします。


でも、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は契約できないときもあるらしいです。

また逆に成功し立ときに、意外な高額請求になる場合もあるので注意して頂戴。配偶者の浮気にピタリととどめを指すには、ちゃんとした不倫の裏付けをとって、それをもとに慰謝料請求するというのが一番です。浮気している当人立ちはゲームのつもりだったり、後先のことまで考えが及んでいないケースも多いですから、慰謝料請求という現実を見せることで、不倫の罪や現実を思い知らせるりゆうです。



探偵のお役立ち情報

行方不明・失踪・家出人捜索なら
原一探偵事務所がおすすめ

人探しなら探偵事務所へ